【スキンケア】HPローションのレビュー【ヘパリン】

1.ヘパリンについて

これまでは本来アトピーの治療に使用されるヘパリンが,美容目的で処方されることが問題となっていました.

参考 美容用に処方箋、透ける皆保険の限界日本経済新聞 参考 美容目的の保湿薬使用 規制見送り 厚労省日本経済新聞

そのような状況が続いた中,ついに化粧品用のヘパリンが各社から発売されるに至りました.

参考 「ヒルドイド」でおなじみ続々登場するヘパリン類似物質配合製品についてQ & A 選ぶポイントや注意点をドクターに聞いたINFASパブリケーションズ

このように問題となるまで美容に良いと噂されていますので,今回はヘパリンを試していきたいと思います.

使用するのは「HPローション」です.

こちらは第二類医薬品でヘパリンの配合量が0.3%と,化粧品に配合されている0.03%より10倍の濃度となっております.

濃度が高い分効果も高いのですが,その分副作用も大きくなります.

今回は毛穴ケアに効果があるのかを判断しやすくするため,効果が強い第二類医薬品(ヘパリン0.3%)を使用することとしました.

HPローションの製品紹介より,ヘパリンには以下の3つの効果があります.

  •  血行促進
  •  保湿
  •  抗炎症(病院で処方される場合,薬効は血行促進・皮膚保湿剤のみであるため,どれほどの抗炎症効果があるのかは疑問が残る)

この3つ効果が毛穴ケアに影響するかを見ていきたいと思います.

4週間試して毛穴ケアの効果が感じられれば,7週まで使用を継続します.

効果が感じられない場合は,ほかのを試していきたいと思います.

2.写真

0日目

7日目

14日目

21日目

28日目

35日目

42日目

49日目

3.商品リンク

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【第2類医薬品】【メール便!送料無料!】【ノバルティスファーマ】 HPローション50ml
価格:1750円(税込、送料無料) (2021/5/6時点)

楽天で購入

 

4.まとめ

2021年05月23日記載

4週間使用してみたところ徐々に毛穴の黒ずみが減っていっているように感じたので使用を7週目まで継続いたします.

使用中は毛包炎(毛嚢炎),いわゆる白ニキビがいつもより明らかに多くなりました.

添付文書によると副作用には発疹,発赤,かゆみ,はれ,紫斑があると記載があり,これらの症状が出た場合は直ちに使用を中止しますが,毛嚢炎は記載がないため使用を継続しようと思います.

2021年06月14日記載

7週間使用してみたところ徐々に毛穴の黒ずみが減っていっているように感じました.

しかし,肌が荒れることともっと劇的な効果が欲しいという2点から別の医薬品を使用してみたいと思います.

まずは,ヘパリン+抗炎症という観点で探し出したアットノンcEXを試したいと思います.

他の調べた医薬品については下記記事を参照してください.

【スキンケア】顔の毛穴ケアに使用できそうな医薬品・医薬部外品【まとめ】

5.参考文献

HPローション 製品紹介

参考 HPローション 製品紹介グラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア・ジャパン

ヘパリンに関するニュース

参考 美容用に処方箋、透ける皆保険の限界日本経済新聞 参考 美容目的の保湿薬使用 規制見送り 厚労省日本経済新聞 参考 「ヒルドイド」でおなじみ続々登場するヘパリン類似物質配合製品についてQ & A 選ぶポイントや注意点をドクターに聞いたINFASパブリケーションズ

アイキャチ画像

参考 トップページO-DAN

6.関連記事

【スキンケア】スクワランのレビュー8【7週間】 【スキンケア】椿油のレビュー7【7週間】 【スキンケア】椿油(乳液)のレビュー【2週間分】 【まとめ】毛穴ケアに関する考察 【スキンケア】マカデミアナッツオイルのレビュー【4週間分】 【スキンケア】アルガンオイルのレビュー【4週間分】 【スキンケア】アルガンオイルのレビュー【4週間分】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA